孤高の凡人

孤高の凡人

On the Road

スポンサーリンク

人はいつ『大人』になるのか

f:id:zariganiindustry:20160616121541j:image

人はいつ、大人になるのだろうか。

一般的には『成人』つまり、20歳になると煙草を吸ったり、お酒を飲んでもオッケーだぜ。と許可されるが、毎年1月にテレビジョンから放映される成人式の様子を見ている限り、彼ら彼女らが『大人』であるとはとても思えない。

かといって年輩の方、例えば会社の上司などが、家庭で奥さん或いは子供達との関係がうまいこといってなくて、そのモヤモヤを部下などにえいっ!とぶつけてくる。このような理不尽な理由で叱責するような幼稚で我儘な人間が『大人』であるとも思えない。

 『大人』とは子供達にとって、模範でなくてはならない。

 その大きくてかっこいい背中を見せる事によって、子供達は「うわぁ、あのような大人になりたい。僕たちはあのような大人に怒られたら、直ちにその誤った行いを是正して、まっすぐに、正しく、力強く生きていけるなぁ。」と思う為、やがて世の中は清く正しく美しい人間で溢れ、戦争は終わり、飢餓貧困は無くなり、皆が平等で、笑顔で溢れるユートピアが訪れるはずである。

しかし、戦争は続いている。飢餓貧困は無くならないし、いじめ、差別、格差、ちっともユートピアが訪れないではないか。

それはやはり『大人』が少ないからではないのか、そう思ってしまう。

年齢を重ねることでは『大人』になれないという事が明白になった今、再度問う、我々はいつ大人になれるのだろうか。

 

初恋をした、あの日か。

 

童貞、処女を卒業した、あの晩か。

 

振られて、枕を濡らした、あの晩か。

 

愛する事を誓い合った、あの日か。

 

人に騙され、涙を流した、あの昼か。

 

人を騙し、せせら笑った、あの夜か。

 

ビールを美味しく感じた、あの夏か。

 

大切な人の死に直面した、あの冬か。

 

ちがう。

 

我々が大人になるのは。

 

テリヤキバーガーをこぼさずに食べられた時である。

 

私は過去、幾度となくテリヤキバーガーを綺麗に食べようと挑戦してきた。

店内で、お持ち帰りで、自宅で、職場で、山で、川で、海で。

ある時はグランドキャニオンの岩の上で。

ある時はクフ王のピラミッドの頂上で。

ある時はK2の東壁4800m地点で。

 

あらゆる場所でテリヤキバーガーを綺麗に食べようとしてきた。

 

しかし何度挑戦しても、レタスの切れ端がズボンに落ちたり、バンズとバーグがずれて、先にバンズだけ食べきってしまって、最も食べたいソースのかかったバーグを床に落としてしまったりと、テリヤキバーガーをこぼさずに、上手く食べる事が出来なかった。

 

我々は『大人』にならなければならない。

そして子を産み、子を育て、次の世代へとそのバトンを受け渡さなければならない。

 

そのバトンがソースとマヨネーズでべたべたになったままではいけないのである。

広告を非表示にする

スポンサーリンク