孤高の凡人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤高の凡人

On the Road

スポンサーリンク

最も母性的なグミはこれだ

セミが鳴き止んだ空に、淡い月が浮かんでいる。

疲れた顔をしたサラリーマンが優先座席という揺籠に揺られ、眠っている。

夜の繁華街はたくさんの人々で賑わっているにも関わらず、どこか物寂しい表情を浮かべ、夜の黒へ溶けていく。

寂しいのだ、みんな。

男たちは母性を求め、街をうろつく。

大きな大きなマッターホルンのような母性、二つ並んだその山の、深い霧に覆われた頂上にあるグミ。

そのグミを味わいたいのだ。

 

 

しかし、どのグミを食べればいいのか分からない。

どのグミが最も母性的なのか分からない。

 そんな男性が多いのではないだろうか。

 

 

教えよう。

 

 

 

私が教えよう。

 

 

 

最も母性的なグミはこれだ

サワーズグミ

 f:id:zariganiindustry:20160716004929j:image

その力強い噛み応えと適度な爽快感は、水泳部の先輩のソレ。控えめな山の頂上に、しっかりと腰を据えたその弾力。爽やかな夏の思い出があなたを包むだろう。

 

おいしさ  ★★☆☆☆

かたさ   ★★★☆☆

しゅわさ  ★★☆☆☆

母性    ★☆☆☆☆

 

フェットチーネグミ

f:id:zariganiindustry:20160716004952j:image 

ザラザラの舌触り、伸びたその姿はもはやババアのソレ。熟女好きにはたまらない一品。

 

おいしさ  ★☆☆☆☆

かたさ   ★★☆☆☆

しゅわさ  ★★★☆☆

母性    ☆☆☆☆☆

 

ハリボー

 f:id:zariganiindustry:20160716005022j:image

圧倒的な硬さ、上品で凛とした味はまるでアマゾネスのソレ。顎を砕かれたいドMはこれを食べろ。

 

おいしさ  ★★★☆☆

かたさ   ★★★★★

しゅわさ  ☆☆☆☆☆

母性    ★★☆☆☆

 

ピュレグミ

f:id:zariganiindustry:20160716005045j:image 

甘酸っぱいしゅわしゅわのあとに現れる甘さは、片思いのあの子のソレ。LINEの返事がこないことをドキドキしながら待つ、夏の高校生。

 

おいしさ  ★★★☆☆

かたさ   ★★☆☆☆

しゅわさ  ★★★★☆

母性    ★☆☆☆☆

 

男梅グミ

f:id:zariganiindustry:20160716005101j:image 

和のフレーバーの後に残る上品な味わいは、和装の女性のソレ。帯を回して抱きしめろ。

 

おいしさ  ★★☆☆☆

かたさ   ★★★☆☆

しゅわさ  ★★☆☆☆

母性    ★☆☆☆☆

 

ピュアラルグミ

f:id:zariganiindustry:20160716005113j:image 

四角という形から、その几帳面さが垣間見れる。バランスのよいお姉さんのソレ。靴下を脱ぎっぱなしにして怒られたい。

 

おいしさ  ★★★☆☆

かたさ   ★★☆☆☆

しゅわさ  ☆☆☆☆☆

母性    ☆☆☆☆☆

 

果汁グミ

f:id:zariganiindustry:20160716005138j:image

誰からも愛される、永遠のアイドルのソレ。

ブレない姿勢と風貌は、全ての男の子の味方。

 

おいしさ  ★★★★☆

かたさ   ★★☆☆☆

しゅわさ  ☆☆☆☆☆

母性    ★★★☆☆

 

Doleグミ

f:id:zariganiindustry:20160716005139j:image 

あと、もうちょい。

あと、もうちょいでソレや。

 

おいしさ  ★★★★☆

かたさ   ★★☆☆☆

しゅわさ  ☆☆☆☆☆

母性    ★★★★☆

 

コロロ

f:id:zariganiindustry:20160716004706j:image

もはや説明はいらない。

マッターホルンの霧が晴れ、姿を表したストロベリーはまるでウェディングケーキのようにそびえ立ち、我々男の子を虜にする。

舐めてよし、転がしてよし。

ロックしてロールしているうちに、あなたは身もコロロも、14歳になるだろう。

 

母性     ★★★★★

母性  ★★★★★

母性  ★★★★★

母性  ★★★★★

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

あなたはもう、寂しい思いをすることはない。

 

河川敷で拾ったあの本、自動販売機で買ったあのビデオの思い出と、ほんの一握りのグミを持って、今日という日を力強く生きていけるのだから。

 

 

追記:私の記事を踏まえた上で、この記事を噛みしめて欲しい。

美しい文章の中に潜む、虚無と愛とグミを、その前歯で甘く噛みしめてくれよ。

tio-jobtzp.hatenablog.com

広告を非表示にする

スポンサーリンク