孤高の凡人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤高の凡人

On the Road

スポンサーリンク

嫁のシャウト

f:id:zariganiindustry:20160915112629j:image

あのさ、帰ってきても一言も喋らんと、毎日毎日パソコンで一体何をやっとんねん。娘の音読もろくに聞かんとやかましい暗い音楽ばっかり聴きやがって、こっちまで暗なるわ。叩き壊すぞそのスピーカー。パンク?ロック?いつまで言うてんねん、そんなもんモラトリアム期間で済ませてこいよ、最後に履いたドクターマーチンに突っ込んで捨てるべきものだろ。死んだんだよ。ロックは。死んだんだよ。きみは。台所の雪平鍋の取れかけた取手を、器用に修理した時にきみのアイデンティティは砕けて散ったんだよ。排水溝にネギと豆腐の欠片と共に、流れていったんだよ。いつまでしがみついとんねん。豆腐かお前は。ほんでなんや、ぴこぴこぴこぴこ、何をしとんねん。ブログか、見たわ。嘘ばっかりつきやがって、吉田羊さんにアピったことは今、ここで、今、すぐ、あたしたちに対してやるべきことちゃうのか。書いてる暇があれば、そこに落ちてるご飯粒のひとつでも拾って食えよ。ほら食えよ。人のコンテンツ見たり、人の感情に引っ張られて、ブレてんじゃねぇよ。きみはいつもそうだ、自分がない。あらゆる相手に合わせて演技する道化だ、大庭葉蔵か。まさに人間失格やんけ。あのな、言うたるわ。きみという存在はどこにもないぞ。虚無や。ニヒリズムなんてかっこいいもんちゃうぞ、靴下に空いた穴から見える伸びた爪と肉の間に挟まった、なんかようわからん臭いやつや。そんなカスみたいな虚無や。褒めて欲しいか、愛してほしいか、抱きしめて欲しいか。そのRetinaですらないディスプレイに何を求めてんねん。その向こう側には誰もおらん、わかるか。虚像や。ワンダと虚像や。山のように動く、寂しい寂しい巨像や。それは人間とちゃう、テリヤキバーガーの包装紙に残ったレタスや。包まれ捨てられるレタスや。きみはそのレタスおいしいおいしい言うて食うんか、ええわ、食うたらええわ。よお似合とるわ。あのな、やるな言うてんのちゃうねん、バランス考えろ言うてんねん。きみはすぐ夢中になって盲目的にのめり込んで出られんようになる。ほんまめんどくさい、その度に沼から引っ張りだすこっちの身にもなれや。書いたらええよ、絵も、文章も。釣りも音楽も好きにやったらええわ。せやけど忘れんな、両輪がうまいこと回らんと真っ直ぐ進まへんという事を忘れんな。感情と技術の両輪が。知恵と知識の両輪が。あたしとあなたの両輪が。

わかったか、よし、お風呂入ってこい。出てきたらアイス買ってあるから食べようね。

スポンサーリンク