孤高の凡人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤高の凡人

On the Road

スポンサーリンク

『金太郎』 語り (68歳 建設業)

f:id:zariganiindustry:20160518220755j:plain

写真提供 https://www.facebook.com/takuya.tomiyoshi

 

 
アレや、お前、知っとるか。

昔な、アレや、金太郎っちゅうアレがおったんや。
アレや、こいつがやたら力持ちでな、生まれてすぐにな、あの、アレや、石臼。
石臼をな引きずるぐらいのアレやったらしいわ。
その金太郎がな、アレや、歩き出しおったらな、おかあはんにあの、アレ、なんや、腹巻みたいなアレ、なんやったかいな、まあええわ。
ほんでこの金太郎はな、アレや、山奥に住んどったんや。ワシも小さい時はな、山の方でよう遊んどったわ。まあええわ。
ほんでこの金太郎はな、アレや、動物と遊んどったんや。知らんけど。
ワシもよう渓流釣り行くけどな、動物となんかこわぁてよう遊ばんわ。まあええわ。
ほんでなでっかなった金太郎にな、おかあはんがな、アレ、なんや、鉞や。鉞をな、渡してなんや、薪割りさせとったらしいわ。知らんけど。
ほんでな、ある日な、一緒に遊んどった動物がな、栗拾いいこか言うてな、あ?しゃべらんしゃべらん、動物はしゃべらん、作り話やこんなもん、知らんけど。
ほんでアレや、動物と栗拾いに行きおったんやわ。ワシもな、昔はよう栗ひろてな、おかあはんにな、アレや、栗ご飯にしてもろて食べとったわ。まあええわ。
ほんでアレや、栗の木な、見つけたんやけどアレでな、崖の向こうでな、かかっとった橋な、橋がアレなってしもとってな、せやけど金太郎アレやろ、力あるやろ、せやさかい、モク引っこ抜いてな、アレしおってん。向こう側にアレしおってん。知らんけど。
ほんで栗のな、アレや、モクの下な、山ほど栗落ちとってな、みんなでそれひろとったらな、熊、熊でてきおったんや。
ワシもよう渓流釣り行くけどな、お前、アレや、熊とおうてもアレしたらあかんぞ。逃げたらあかんぞ。じっと目ぇ見てな、ゆっくり後ろにアレすんねや、ワシもこのやり方しとったらな、熊の方から逃げていきおったわ。ワシしょんべんたれたけどな。まあええわ。
なんや、ほんだら金太郎なこの熊と取っ組み合いしおってな、勝ったんやて。知らんけど。よおそんなことするわ、ワシこわぁてようせんわ。しょんべんたらすさかいな。
ほんでアレや、熊も降参してな、背中に金太郎アレしてな、帰ってきたらしいわ。
お前、知っとるか、歌あるやろ、歌。金太郎の。
知らんのか、なんや、最近の若いもんは金太郎の歌知らんのか。
 
 
「まあぁぁさぁぁかぁぁりぃぃぃぃぃかぁぁぁぁついだぁぁぁぁきぃぃぃぃんたろぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお」
 
 
知らんか?
ワシもよお知らんわ。
広告を非表示にする

スポンサーリンク