孤高の凡人

孤高の凡人

On the Road

スポンサーリンク

外で楽しむインドア

ここのところ本来ならば隔週休みである筈の『土曜日』を奪われ、日曜日しか休みがない状態が続いている。日曜日が休みなだけマシじゃないかと、ブラックにお勤めの人々から石や生卵、火炎瓶が飛んできそうであるが、育メンの私に日曜日はない。夏休みに突入した娘、更に娘がずっと家にいることでストレスフルな嫁、彼女らが6日間溜めに溜めた『どっかいきたい』欲求が、私が6日間溜めに溜めたマッターホルンのような疲労の頂上に登り「やっほー!」と叫ぶので、私は鈴虫にすら劣る声でやっほと鳴くしかないのである。やっほやっほと泣くしかないのである。

本日は夜勤の疲れが残り、疲労で風呂に入ることすらままならず、後頭部から室外犬のチャーミングな香りを放ちながら目を覚ました私に「川へ行って泳ぎたい」と、くりっくりのおめめでほざく彼女らを、ライトなバンに乗せ、BBQを楽しむDQNに毒づきながらハイウェイをランウェイ。川へと向かったのである。

基本的にひきこもりな私は、御祭り、フェス、休日のAEON MALLのような場所に行くと人の多さに酔い「バルスバルスバルス」と呪詛の言葉を小声で呟き続けるような歪んだ人間であるが、意外にもアウトドアが好きである。しかし人々がイメージするアウトドアとはかけ離れており、私が好きなアウトドアとは、誰も来ないような深い自然の中で一人ほくそ笑むといった歪んだアウトドアであり、それは外で楽しむインドアと言ってもおかしくはないように思う。

中でもよくやっていることが『わざわざ珈琲』という遊びであり、これを説明すると、本来ならばキッチンだけで完結する珈琲、なんなら最近ではバリスタと呼ばれる自動でチュイーンと淹れてくれる便利な機械があるなか、わざわざ山奥まで行き、水を汲み、湯を沸かし、たらたらとドリップする。そして深い緑を見ながら「最高やんけ」と嘯く、そのような遊びである。

ハイウェイをランウェイすること約一時間弱。

まんまるおめめの彼女らが川の中で泳いでいる姿を横目に、私はいつもの場所を目指す。

 f:id:zariganiindustry:20160724230111j:image

スタジオジブリの『紅の豚』私はあの映画が大好きだ。男の浪漫がぎっしり詰まったあの映画には、主人公ポルコ・ロッソが隠れ家としている島が登場する。私はこの場所に同じような浪漫を感じ、寝転んだり、一人でアコースティックギターを弾いたりと、その畳4枚分程のスペースを我が物顔で使用している。

さあ珈琲でもいれようか。

f:id:zariganiindustry:20160724230954j:image

いつも持ち歩いている『ソーヤーミニ』という製品である。先に付いている筒状の部分で汚い水を濾過し、綺麗な水へと変換する優れたアイテムである。ペッドボトルなどで水を持ち歩く必要がないので『わざわざ珈琲』をいつでも、どこでも可能にしてくれる。防災グッズとしても最高のアイテムだと思うが、なかなか持っている人に出会った事がない。

SAWYER ソーヤー ミニ SP128 【日本正規品】

f:id:zariganiindustry:20160724231502j:image

ご存知『ジェットボイル』である。この製品はお湯を一瞬で沸かす事が出来ると聞き、購入に至ったのだが、正直なところ他の熱伝導率の優れた素材のクッカーなどと変わらない。まあ変わらないのであれば鞄の中でコンパクトに収まるジェットボイルは優秀なのかもしれない。私は全てにおいてデザインとコンパクトを重視するので、やはりこれも欠かせないアイテムである。これにチュウっと濾過した水を入れる。

JETBOIL(ジェットボイル) バーナー ZIPジップ ブラック 1824325 BK 【日本正規品】 PSマーク取得品

f:id:zariganiindustry:20160724232243j:image

お湯を沸かしている間に、インスタントのドリップ珈琲をセットする。本当は事前にブルーマウンテンなどの生豆買ってきて自分で煎り、ミルで挽いた豆を用意しておきたいが、恐ろしく時間がかかるので、社畜、更にはこのようにブログまで書き始めた私にそのような時間は皆無。報酬は入社後平行線な私に高価な生豆を購入するお金は絶無。なので最近はもっぱらこのインスタントドリップに頼ってしまっている。

しかしお湯で溶かすタイプのインスタントコーヒーとは一線を画し、結構イケるので一度ご賞味頂きたい。

 

f:id:zariganiindustry:20160724233011j:image

マイ竿である。公私問わず全てに刻印された『オレの』のマークは、言い換えれば『誰も触るな』の意。全てにおいて完璧にメンテナンスされ、並べられた『オレの』ブランドは私の事を知っている者は指一本触れない悪魔のマーキング。綺麗なお姉さん限定で自由に使用しても良い。

しかし竿の写真を撮っている時点で何も釣れなかった事が明白であり、このあと私はふてくされてイガイガの石の上で仮眠をとった。

 

 

早過ぎるヒグラシの鳴き声で起きる。どうやら二時間ほど寝ていたらしく、満足げな顔の嫁と娘を、ライトなバンに乗せ、その秘密基地にバイバイした。

今日は娘にとっては初めての夏休みの、初めての日曜日であった。思い返してみたが、私は自分の初めての夏休みの事をまったく覚えていない。

そんなものだろう思い出なんて。

その歪んだ太陽に相応しい、歪んだ私の、歪んだ夏が、はじまる。

広告を非表示にする

スポンサーリンク